Japanese only
Welcome! 163626
鉄道遺構
はじめに
近江長岡付近
東濃駄知線
北恵那鉄道
名鉄小牧線
小牧線/引込線
雑学の箱・目次
TOP
地形・地質学
GMT(地図作製)
Linuxメモ
公衆無線LAN
航空無線
船舶気象通報
峠道
国道データベース
鉄道遺構
自己紹介
リンク集
掲示板

名鉄小牧線の鉄道遺構

名鉄小牧線は、上飯田〜犬山を結ぶ盲腸線でした。
その昔、地下鉄名城線ができるまでは、上飯田まで市電(路面電車)が来ていたのですが、 名城線開通に伴い市電が廃止され、名城線「平安通」〜上飯田間が鉄道の空白地帯となってしまいました。

それからというもの、毎朝の通勤時間帯には上飯田から平安通の約1kmを歩く通勤客の列が見られ、 テレビなどで「大名行列」などと風刺される状態でした。

そんなこんなで、平成6年に第三セクターが作られ、平成15年に念願の開通を果たすこととなります。
なお、鉄道敷は 第三セクター(上飯田連絡線株式会社) が保有し、味鋺〜上飯田を 名古屋鉄道株式会社(名鉄) が、上飯田〜平安通を 名古屋市(交通局) が第二種鉄道事業として運営しています。

さて、本題からずれましたが、こうして役目を終えた上飯田〜味鋺間の旧線を歩いてみました。
概況図

味鋺(あじま)駅〜庄内川

南から味鋺駅を臨む。
地下から出てくる線路は上飯田連絡線、奥に見えるのが味鋺駅です。
味鋺駅を南から

味鋺駅を出て、しばらく行くと庄内川の堤防を登りにかかります。 このあたりでは、線路は撤去されていますがバラストはしっかりと残っております。
ちなみに、上飯田連絡線は複線ですが、旧線は単線です。
堤防に登る

庄内川 堤防に登ってみると…
残念ながら鉄橋どころか橋脚も撤去済み_| ̄|○
この南の矢田川でも同じ状況です(´・ω・`)
▲一番上へ▲

庄内川〜矢田川

味鋺駅を南から
庄内川左岸(南側)堤防から廃線跡を臨みます。
写真に信号用と思われるケーブルが残っていますが、 庄内川〜矢田川間の遺構はかなり保存状況が良かったです。

瀬古駅の遺構
庄内川堤防を降りてしばらく行くと、線路の西側が少し広くなっている箇所があります。
写真は南から北を撮っていて、左側の草が生えてて広くなっているところが瀬古駅の跡です。
小牧線開業の昭和6年に作られたそうですが、乗降客数の問題で戦中には廃止されていたそうです。

県道をまたぐ
瀬古駅跡から南に行くと、愛知県道59号を線路がまたいでいます。
橋桁は撤去されています。トラックとかの通行には邪魔っぽいですものね(^o^;
▲一番上へ▲

矢田川〜上飯田

矢田川左岸(南側)堤防から上飯田方面を臨む。
こちらは、跡形もなく鉄道敷は撤去され、駐車場として使用されています。 矢田川の南側は地価が高くて固定資産税とかの問題なのでしょうか・・・
矢田川の南側

駐車場が続いて、旧上飯田駅に到着です。
建物の中に電車が入っていったというのがよく分かりますね(笑)
上飯田駅の名残

まとめ

比較的新しい鉄道遺構とはいえ、名古屋の市街地近くに有るためか、 遺構の保存状況はあまり良くありませんでした。
実は、筆者は上飯田連絡線を通勤で使っていたりしますが、 廃線になったときは東京に住んでいた事もあり、 廃線区間を乗ったことはありませんでした。
今から思えば残念で仕方がありません_| ̄|○

鉄道遺構TOP▲一番上へ▲
Copyright© 2002-2009 こびわ
このサイトへのリンクはご自由にどうぞ。
ただし、<http://www.kobiwa.net/>にお願いします。
このサイトに関するご意見等はこちらからお願いいたします。