Welcome! 

ソフトウエアの箱

拙作のちょっとしたソフトウエアを置いています。

Gml2NetCDF ~基盤地図情報 数値標高モデル変換~

  • 最終更新: 2014/09/26

Gml2NetCDFは国土地理院のWebサイトからダウンロードできる基盤地図情報・数値標高モデルをGMT等で描画する際に使用するNetCDF形式のグリッドファイルに変換するものです。 netcdf.dllを使用して直接NetCDF形式のグリッドファイルを作成することが出来ます。詳細はこちらをご覧ください。

Mem2Nc ~50mメッシュ 数値標高モデル変換~

  • 最終更新: 2014/10/13

Mem2NcはMEMファイルから標高を読取り,GMT等で描画する際に使用するNetCDF形式のグリッドファイルに変換するものです. netcdf.dllを使用して直接NetCDF形式のグリッドファイルを作成することが出来ます。詳細はこちらをご覧ください。

mem2seppo ~50mメッシュ 数値標高モデル変換:接峰面図作成~

  • 最終更新: 2004/11/21

mem2seppoはMEMファイルを任意サイズのグリッドに区切り,そのグリッド内の最高標高と その地点の緯度・経度をxyz形式のファイルに出力します. mem2xyzと同様に,GMTのblockmedian/blockmode→surfaceおよびgrdcontourコマンドを使用することによって, 接峰面図(等高線図)を作成することができます. 使用方法等はこちらをご覧ください.

気象庁サイト連続画像ダウンロードツール

  • 最終更新: 2014/7/9
概要

気象庁Webサイトにあるレーダーアメダス合成図や気象衛星画像などの 連続画像を一括でダウンロードするツールです。
連続画像を一つにまとめるとこのような動画を作る事が出来ます。

更新履歴

2014/6/2 初版公開 → #2014年6月1日はれるん10歳の祭りに便乗
2014/7/9 Ver: 0.02 →「始」の時刻の画像がダウンロードされなかったのを修正

ダウンロード

JMAImageDownloader_20140709.LZH(14.8 KB)
 このソフトがマイナー過ぎるため、GoogleChrome等でセキュリティ警告が表示されることがあります。
 ウイルスバスターの最新版定義でウイルス等の脅威が無いことは確認済みです。

Copyright© 2002-2014 こびわ